アイルランド・ダブリンでシェアハウス!3日で部屋を見つけた私が伝授します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!アイルランドはダブリン在住ウェブライターのハルノ(@haruno_sudo)です。

以前、ダブリンでの住まいを探すにあたって、私が重視したポイントを公開しました。

合わせて読みたい

私は、8日にアイルランドに着。

10日には今の家を訪問。

11日に入居したいというメールをおくる。

と、かなりスピーディに部屋が決定。

今回は、そんな私が使用した、アイルランドでの部屋探しの方法をご紹介します。

<スポンサーリンク>


ダブリンで部屋を探す方法

ダブリンで部屋を探す際に私が使用した方法です。既にこちらに住んだことがある友人などにも方法を聞きまくったので、部屋探しの方法は大体網羅していると思います。

お部屋探しサイト:daft.ie

ダブリンでシェアハウスを探す際は、まずはこちらのサイトを見てみましょう。

(参考:daft.ie HP

daft.ie というこのサイトは、アイルランドの物件情報を集めたサイトです。
シェアハウスから、一人暮らし用アパート、家まで、住みたいエリアごとに入居者募集を検索できます。

また、価格帯で絞り込み検索、メール登録で良物件の情報を教えてくれる、など効率よく自分の住みたい物件が見つかりますよ。

このような部屋探しサイトには他にも

などがあります。最後のGumtreeは、オーストラリアワーホリ中に部屋探しや仕事探しなど、何かを探すときには何かにつけて開いていたサイトですね。

他にもサイトないかな~と探す際は、『dublin shareflat』などでgoogle検索してみましょう。

アイルランドではやはり最初に紹介したdaft.ieが一般的なようです。私のいまのシェアハウスもこちらで見つけました。

facebookグループ

海外滞在中はfacebookをうまく活用しましょう。

facebookの検索窓で、

『Dublin shareflat』と検索すると、部屋探しに関するグループがいくつか検索に引っ掛かりますので、グループに加入する申請をしましょう。

ダブリンで同じように部屋探しをしている人の投稿や、入居人を探している人が随時投降しています。

facebookアカウント持ってない…

という方は、海外に滞在しているときだけでもアカウントをのはおすすめです。

滞在中に人とつながりを持てる手段になるだけでなく、イベント検索や帰国してしまった友人とコンタクトをとる手段にすることが出来ます。

<スポンサーリンク>


人に聞く

現地に住んでいる友人ができたら、自分が部屋探しをしていることを伝えてみましょう。

私は、事前にfacebookで日本人とアイルランド人の交流グループなどに参加し、そこで知り合った人には

『家探してるから、何か情報が入ったら教えて!』とメッセージを何通か送りました。

部屋探しだけをメッセージの目的にするわけではないですが、話の流れでお願いできるときがあったら言ってみましょう。

優しい方は、困ったらいつでも声かけてね!と言ってくれるので、『実は…』といった感じで私は部屋探しをしていることを話していました。

実際に、自分の知り合いに声をかけてくれる人や、空き部屋の情報などを送ってくれる友人もいましたよ。すべては助け合いだなぁとこういう時に感じます。

日本人向けのアイルランド専門サイトで検索

日本人向けのアイルランド専門サイトでも、部屋情報は載っています。

などがあります。部屋探しだけでなく、仕事探しやイベント情報などもこちらでゲットできますよ。日本人と一緒に住んだ方が安心。と思う方は利用してみても良いかもしれません。

ただ、英語を勉強したいと考えている方にはやはりおすすめはしません。英語を身につけたいなら、検索も英語で。オーナーとコンタクトを取るのも英語で。

知らなかった単語を知るきっかけにもできますよ。

例えば、オーストラリアでは部屋の下見に対して、inspection(視察)という単語を使いますが、アイルランドでは下見のことをViewingと言います。これ、驚きました~

そして、やはり英語環境に浸りたいなら日本人と住むのは辞めた方がよろしいです~。

そのほかの部屋探し方法

みんなお馴染みAirbnb

現地に住んでいる人とつながることができるAirbnbは上手に活用したら、たくさん情報を得ることができると思います。

部屋が見つかるまで、Airbnbホストのもとでステイするのもありだと思います。

ただ、値段は高いので私はホステルを一週間予約しました。

ヘルパーとしてホームステイ

ヘルパーとしてステイをする方法もあります。こどもの面倒を見る、childminderも滞在先を見つける手段の一つです。

ベビーシッターをする代わりに滞在させてくれるものや、給料がでるものも…。

『Dublin childminder』

『Dublin Babysitter』

『Dublin Nanny』

とかで検索するとゴロゴロでてきます。もちろんFacebookで検索するのもありですよ◎

アイルランドではNannyってあんまり言わないんですかね、Childminderという単語を使用する人が多いような感覚があります。

また、子どもの面倒を見るだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住むパターンもあります。買い物を手伝ってあげたり、お話相手になったりが条件になってることが多いです。

月150€とかで、生活できるので私はこれにするか、割と悩みました。

辞めた理由は、

  • エージェンシー登録料が400€
  • 出会いの幅が狭まるかも
  • 夜、家に居なくてはいけないというプレッシャー

です(笑)夜遊びに行きたいわたしも・・・ということで辞めました。

でも、知識が豊富なアイリッシュとお話しできる、アイリッシュの生活スタイルを知れる、さらにこの低価格!という点では超魅力的ですよね。

アイルランドの部屋探しも難しくない!

ダブリンでの部屋探しは散々難しい、と言われてきましたが、わたしは時期的に良かったこともあってか、すんなり部屋が決まりました。

アイルランドに来る前は、

やばい部屋どうしよう

と汗をかいていた私も、来てみたらいいシェアハウスが見つかったのでラッキーだったな~なんて思います。

皆さんも部屋探しから留学・ワーホリ生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

<スポンサーリンク>


この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で