2018年ダブリンの新年のイベント!New Year’s Festival Dublin に行ってきたぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんあけましておめでとうございます。
アイルランドはダブリン在住のウェブライターのハルノ(@haruno_sudo)です。

2018年始まりましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

大晦日は紅白見てガキ使みて、除夜の鐘を聞いたのかな?年越しそばかな?

日本でも各地でカウントダウンイベントが行われているように、こちらダブリンでもしっかりと大晦日から元旦にかけてイベントが行われていました。

私も元旦にこのイベントに参加してきたのでレポートさせて頂きます!

今年の目標の1つとして映像制作を掲げている私ですので、もちろん映像も!この記事の最後に、URLを貼り付けておきますのでぜひご覧ください。

イベントの雰囲気が少しでも伝わると嬉しいです。

それでは早速イベントの内容からいってみましょう!

<スポンサーリンク>


New Year’s Festival Dublin

ダブリンの新年のイベント、New Year’s Festival Dublin は、大晦日の31日からスタート。

ダブリンを流れるリフィー川と、税関の伝統的な建物を背景に、

  • 建物に映す光のショー
  • パフォーマーとの写真撮影
  • マジック
  • バンドやコーラスなどの生演奏

などが行われます。

音楽の国である、アイルランドらしく様々なバンドの音楽が繰り広げられたり、マスコットなどのパフォーマンスで盛り上がったり…

まさに新年を迎えるにふさわしいような華やかなイベントなのです!

イベント場所と期間

このイベントはThe custom houseの前で行われます。日本語に訳すと『税関』。建物は伝統的な18世紀に立てられた建物で、現在も政府の機関として使用されています。

アクセスも良く、ダブリンのハチ公(と私が勝手に呼んでいる)、The Spireから歩いてたったの7分で着きます。

イベントは【4つのセッション】に区切られています。

31日

18:30~19:00

あの、『水圧で空を飛ぶ』や、巨大な風船を使用したアクロバット、税関に映し出された光のショーなどが第一部のイベント内容。

20:00‐

Kodalineによるライブ。Kodalineは、アイルランドのオルタナティブロックバンド。ゲストとして他にも Hudson Taylor、Keywestといったバンドも参加します。こちらの参加チケットは€45.05。

23:00‐

カウントダウンイベント。18:30から行われるイベントと同様に、アクロバットなパフォーマンスを見ながら年を越します。

1日

12:00‐16:00
私も参加したこちらのイベント。Stilt walkerと呼ばれる竹馬に乗った馬鹿でかい人が闊歩していたり、謎のマスコットキャラクターがいたり、ステージでは演奏やコーラスが行われました。アイルランドの警察、GARDAによるバンド演奏もあり貴重な演奏会。

注意点!無料イベントでもチケット予約が必要

31日から開催されるこのイベントは、カウントダウンコンサート以外は無料で参加できます。

しかし、事前にネットでの参加チケットを予約しなくてはいけないので、ホームページを確認しましょう。

また、31日のイベントは参加できなかったとしても、1日新年のイベントはチケット制ではありません。そのため、私のように1日のイベントだけ参加、ということも可能ですよ。

新年はアイルランドで過ごしてみては?

来年の年越しはどこにしよう~なんて悩んでいる方は、ダブリンも是非候補に入れてみてください。

カウントダウンイベントに参加したあとに、いろんなpubを回ってみても楽しいはずです。多くのpubが深夜まで、ライブミュージックで盛り上がっていますよ。

音楽とパフォーマーの街、ダブリンに是非お越しください~~~!

イベントの様子がわかる映像はこちらから☟

NEW YEAR’S FESTIVAL DUBLIN 2018 from Haruno Sudo on Vimeo.

<スポンサーリンク>


この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で