アイルランドで部屋探し!ダブリンの格安フラットを契約する際に確認すること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ウェブライターのハルノ(@haruno_sudo)です。

留学やワーホリをするときに最初に直面するのは、

家どうしよう…

ってことではないでしょうか?

学生であれば、斡旋会社が最初の三か月はホームステイを紹介してくれて…みたいなこともありますが、その後は自分でシェアハウスを中心に住むところを探さなくてはいけないと思います。

かく言うわたしも、1年中ホステルに滞在するわけにもいかないので、家を探しました。

ダブリンについて4日、というなかなかいいペースで部屋が決まり、

しかもダブリンでは破格の月270€(約36,300円)という物件です。(1€=134円計算)

素敵なシェアハウスのおかげでクリスマスパーティも楽しかったです。

そのため、

私が住んでいるところはどんなところなのか?

こういう安いフラットを見るときに何を気を付けた方が良いのか?

についてご紹介します。

<スポンサーリンク>


月270€のシェアフラットってどんなとこ

ダブリンに来る前によく人に言われたのが、

ダブリンの部屋探しはすごく難しい…!

そうです。ダブリンはとにかく物件が高い。首都なので当たり前なのですが、どの物件でもどうしても高くついてしまいます。

ダブリンのシェアハウスの相場は、大体350~400€。一人部屋となるともっと高くなるし、500~600€でも誰かとベッドルームをシェアなどざらにあります。

当然ですが、生活費を削って旅をしているような私には、高い固定費を支払い続けるのは不可能です!もっとお仕事頑張ります!!!!

ということで、ダブリンで最安のフラット(日本語でいうアパート)を探すに至ったのです。

私が現在住んでいる家は、

・街の中心から歩いて約35分

・バス停歩いて約3分

・スーパー歩いて約7分

・部屋は私を含め6人でシェア(もちろん2段ベッドが3台)

・家は私を含め10人でシェア

・レント(270€)はすべてのBillを含む

といった感じです。

きっとこれを見て最初に思うのは、

10人とシェア…?!

ってことですよね、わかります。

でも全く問題ありません。

10人でシェアしているけど、リビングに3人以上いたことをみたことがありません。キッチンもいつもひとりで使用しています。トイレもお風呂も困ってないし、部屋も全く圧迫感なく広いスペースで、快適に生活しています。

わたしより、1週間ほど前に引っ越ししてきた人に聞いたら、まだ全員に会ったことがない!と言われました。(これは驚き)

<スポンサーリンク>


安レントのシェアフラットを探すときに見るべきこと

このポイントを押さえればあなたも、きっと安フラットで満足いくはず…!

ルームメイトとオーナーの人柄

何よりも、ルームメイトが重要です。長くその家で生活しようと思うのなら、尚更ルームメイトが一番見るべきポイントです。

私は、仲良くなれそうで、日本人でないルームメイトであることを意識して見ました。

日本人と暮らしたら、きっとすごく綺麗で整頓されている家になるとは思うのですが、私は日本人だとむしろ気を遣うし、なにより英語を話したい…。

そして、仲良くなれそうかどうかは、やはり一度家を見に行ってみないとわかりません。例え事前にメッセージのやり取りをしていて、

「この人優しい!いい人そう!」

って思っても、入居者を早く決めたさに取り繕っている可能性も…。

また、反対に、

「え、つめた…」

って思っても直接話したらいい人だった!なんてこともあるので、(私はこちらのパターンでした。)やはり一度必ずオーナーやルームメイトには会っておきましょう。

合わせて読みたい

point

一緒に住む人が大事!一度会って話そう

シティからの距離

私は、中心地から歩いて行ける距離を優先して選びました。バスがあると言っても、そしていくらバスが安いと言っても、毎回使っていたら費用はかさみます。

でも毎日部屋にこもってPC触っているわけにもいかないので、歩いてシティまで行けるフラット。私は、30分から40分くらいだったら歩いても苦にならないので、この範囲内で。

また、自転車をゲットしてしまえばさらに移動が楽になります。
(今のところ、寒さでその気はそがれています。いつか…買うかも…うん…)

point

シティから遠すぎてもつまんないよね。歩ける距離が理想

安いけど…何が含まれている?

私の月のレント、270€にはBillも含まれています。Billとは、ガスや電気、ネットなどの毎月変動する費用。通常はレントに含まれているか、その月にシェアしている人たちと割り勘といった具合です。

私の毎月のレントにはBillとなる30€も含まれています。そのため、払うのは本当に毎月270€だけ。

ちなみに私のフラットにガスとネットはありません。家でPCからネットを見るときは、iPhoneのテザリングを使用します。ケータイ代は月々20€でネットも使い放題なのでかなりお得(ケータイに関しても、今度別記事で書きますね)

話が少し逸れましたが、フラットを探すときはこのBillが含まれているのか、毎月割るのなら大体月にどのくらいになるのか、しっかりと事前に確認しておきましょう!

point

レントには何が含まれている?実はあとから請求…とか嫌だよ

ハウスルールは?

10人で生活している場合、気になるのは

部屋ぐちゃぐちゃじゃないの…?

確かに10人分の荷物が一つの家にあって、10人が生活しているとキッチンやバスルームも散乱したり、汚いということも起こりえます。

私は、移動したフラット以外にも

・10人シェア(今の家)
・11人シェア
・5人シェア
・10人シェア

の家を見に行きましたが、そのうち今の家(10人シェア)と11人シェアの家がちゃんと綺麗に保たれていたところです。

その11人シェアの場所は、オーナーがかなり掃除していたので当たり前と言っちゃそうなのですが。

この家の綺麗さを確認するためには、部屋を見ても判断できるのですが、私は必ず「どうやって掃除をしているのか」を聞きます。

大抵、ちゃんと掃除しているのかどうかを、役割からも確認することができます。また、役割が降られているということは、少なからずルームメイトがちゃんと部屋を心地よいものにしようと心掛けているという証拠。

他にも

・洗濯の順番

・キッチン棚の振り分け方

・シェアするもの内容

・クローゼットや収納の振り分け

まで、しっかり説明してくれたらさらにポイント高いですよね。洗剤とかのシェアがどうなってるのかも地味に気になります。

私の今の家は、Viewing(家を下見に行くこと)の際に、少し壁にカビが目立ったところがあったのですが、ちゃんと説明を受けてこれから綺麗にするつもり、ということを言われました。

こういう説明を受けると、部屋の管理がしっかりしているのが感じられるし、信用できますよね。(移動してきた日に、ちゃんとカビがなくなっていることを確認しました◎)

point

部屋を快適に過ごすための仕組みづくりができているか

<スポンサーリンク>


ルームメイトは何をしている人?

私の家はバスルームが一つしかありません。

10人に対して1つのバスルームです。(比率がおかしい)

でも、ルームメイトの生活スタイルが私とは異なるため全く困りません。ルームメイトの大半は夜仕事をしています。そのほかの人は学生しながら働いてます。

そのため、私が家に居る時間にはルームメイトの大半は外にいます。そのため、1週間前に引っ越してきたルームメイトがまだ全員を知らない、なんて事態が起きるのですね。

つまり、フラットをシェアする人の人数が多くても生活スタイルが違えばまるで一人暮らしです。(それはちょっと違うか…)

とにもかくにも、ルームメイトが一体どんな人たちで何をしているのか、を事前に知っておくのは安フラットにおいて重要でしょう。

point

ルームメイトの生活スタイルは自分とどう異なる?

スーパーやバス停までの距離

スーパーやバス停の位置は、生活するうえで重要なのでしっかり見ておきましょう。さすがの私もスーパーだけのために35分歩いてシティに行きたくありません。

また、大きい買い物をしたときはやはりバスが必要になるので、バス停がどの程度近くにあるかもしっかり確認しておきましょう。

point

スーパーとバス停が近いかを確認!

冷蔵庫の使用感は?

実は冷蔵庫の使用感は見逃していましたが、これは大人数でシェアする際にはかなり重要となるはずなので確認しましょうね…。

大抵は冷蔵庫が2つあります。私の家は何故か一つしかないのだけど…。幸いなことに冷凍庫のスペースはないにしても冷蔵庫のスペースはあったので良かったです…。

正直10人全員が冷蔵庫を使用しているとは思えない感じです。多分料理もほとんどみんなしていません。(レストランとかで働いているからかな…?)

point

冷蔵庫のスペースは忙しくて買い物に行けなくなるとかなり重要

お財布に優しく快適シェア!

レントが安いシェアハウスで見ておきたいポイントをご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

次はアイルランドでの部屋探しの方法です~~私が実際に使用した方法もご紹介します。お楽しみに!

(photos/ Melbourne Australia )

<スポンサーリンク>


この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で