クラウドファンディングの解説。私がクラファンを通して伝えたい思い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ウェブライターのハルノ(@haruno_sudo)です!

先日polcaを始めました。

合わせて読む

興味を持って支援していただいた方、ウォッチリストに入れて頂いた方、支援したいけど海外在住のためできない!と言って頂いた方、

本当にありがとうございます!!!


そうなんです。まだ半分…。

そこで思ったのですが、わたしの周りには「4000円くらいなぜ自分で出さず、支援を募っているのか」と感じている人もいるのではないか…。私の周りにはpolcaもしくはクラウドファンディングのことをきっと知らない方もいると思います。

そのため、

・クラウドファンディングとは何か

・私が何故クラウドファンディングという手段を使用したいのか

この2点をこの記事を通して説明したいと思います。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、企画やサービスを達成するためにインターネットを通じて資金調達をすること「こういうことをしたい!」といった人の思いを形にするために、ネットを通し資金調達をお願いします。

今回の私で言うと「密着取材をしたい!」という思いを形にするために、東京に行くまでの資金が必要となったので支援者を募らせていただいています。

クラウドファンディングを利用する人の中には、

「お店をオープンしたい!」

「地域を盛り上げるイベントを行いたい!」

「絵本を出版したい!」

など、こういった様々な思いを形にするべく資金を募っている方がいらっしゃいます。プロジェクトは本当に思い思いのもの。ページを見ているだけでも何だか新しいことばかりで何だかワクワク。

クラウドファンディングのサービスを運営している企業は国内だけでも数多く存在し、年々その規模は拡大してきています。

2016 年度の国内クラウドファンディングの市場規模は新規プロジェクト支援額ベースで、前年度比 96.6%増の 745 億 5,100 万円と拡大した。

(引用:矢野経済研究所「国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017 年)」

個人だけでなく、中小企業や自治体など多くの方によってこのクラウドファンディングが使用されていることがわかります。

また、クラウドファンディングには資金調達といったわかりやすい目的だけでなく、完成させたい製品や企画の宣伝として使用することもできます。

芸能人がクラウドファンディングを使用するのはこっちのイメージが強いと思います。

例えばキングコングの西野さんや、山田孝之さん、真木よう子さんなど芸能人や有名人もクラウドファンディングで使用し、プロジェクトを世に拡散しています。

支援して得られるメリット

クラウドファンディングは支援することで、自分もそのプロジェクトに関わったという精神的なメリットだけでなく、支援することでもう一つ得られるものがあります。

支援した人が得られるメリットはいくつかあり、このメリットのタイプによってクラウドファンディングの方式も分けられます。このなかでも購入型のクラウドファンディングが今日よく見られるものです。

支援していただいた人に対し、支援を募る方は「リターン」として何かをプレゼントをします。

例えば、

宣伝したい商品そのものであったり、

温かい気持ちのこもったお手紙であったり、

はたまた、体を張った「支援していただいた会社のロゴ名を頭に剃りこみで入れる」など…。

参考:関西の企業の歩く広告塔となってヨーロッパの企業を取材して回りたい!

リターンも本当に企画ごとに色があります。

私が今回取材させて頂く、るってぃさんもクラウドファンディングをスタートさせました。

旅に重い荷物なんていらない!「スマホ1台」だけで国内外旅できるか実験したい!

10万円の支援に対するリターンの「スマホ1台とパスポートだけでアメリカ行き」は秒速で支援されています。

(やる方もすごいけど支援する側もすごい)

そのため支援者は、企画内容や、背景にあるストーリーから支援を決めたり、リターンが欲しいものであるといった理由からも支援することができるのです。

現在広く使用されているクラウドファンディングのプラットフォームとなっているのはCAMPFIREというところです。

一度ページを覗いてみてください!

プロジェクトを見ているだけでも、なんだか勇気をもらえたり可能性を感じるはずです。

クラウドファンディングをなぜ使うのか

今回るってぃさんの密着取材をしたいということでpolcaを使用し呼びかけてみました。

polcaとは上記で述べたクラウドファンディングをもっと身近にしたもの。

身近な友だち同士ではじめる、

フレンドファンディングアプリ。

やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。

※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。

(引用:polca HP )

例えば友人の誕生日に何かをプレゼントしたいとき。

polcaを使って呼びかけることで気軽に必要な金額を集めることが出来ます。

今回の企画、最終的にはCAMPFIREでのクラウドファンディングまで持っていきたいのです。
(ビビりなので段階を踏まさせてください)

何故クラウドファンディングを使用するかというと、

・クラウドファンディングを通して自分の発信をもっと多くの人に知ってもらいたい

・クラウドファンディング自体をもっと広げたい

と感じているからです。

今の状態で私がこのブログでいくら叫んでも、伝わって欲しい人に届けるのは難しいかもしれません。でもブログに+αでクラウドファンディングを加えるだけで多くの人の目にこの企画が触れる機会が増えます。

現実で何千人に会って自分の思いを伝えることはできないかも知れないけど、インターネットを介してだったらできるかもしれない。そんなことを思っています。

加えて、クラウドファンディングというものをまだ知らない、私の周りの人にクラウドファンディングが持つ可能性を伝えたい。一個人である私の活動だからこそ、皆がもっと可能性を感じることができるんじゃないかなと思っています。

資金面で諦めていたことでも、クラウドファンディングを通したらできるかもしれない!そうやって何か可能性を感じて諦めていたことを始める一歩にしてほしいなと思っています。

私は最近になってやっとこのクラウドファンディングの存在を知りました。(つい2ヵ月前くらい)
支援したいプロジェクトもあったけど、金銭的に断念してしまったりこれまで何故か一歩を踏み出すことが出来なかった。

これからは私も自分がクラウドファンディングを始めたことをきっかけにして、いろんな人の支援をしていきたいと思っています。

自分を支援してくれて有難いと思った気持ちを他の人にもつなげていく…。

応援したいという気持ちがつながっていくのってなんだかですよね…。(急にアツくなる)

必要なタイミングで必要な人にお金が回るような世の中になって欲しい!
もっと多くの人にクラウドファンディングの魅力を知って欲しい!

そう思ってクラウドファンディングに挑戦したいと思っています。

温かく見守ってください!!

そしてご支援お願いします!!

☛polca参加ページ

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で